So-net無料ブログ作成

気象衛星ひまわり8号 2015年7月からお仕事開始 [from日本]

lif1412180033-p1.jpg

credit: 気象庁


★ First Shot! ★

2014年12月18日 日本時間11時40分、
静止気象衛星「ひまわり8号」のファーストショット
世界初、静止気象衛星が撮影したカラー画像です。

2014年10月7日に打ち上げられたひまわり8号は、
赤道上空約3万6千キロ(地球3個分)を地球の自転にあわせて周回する静止軌道に入り、
現在機能確認の試験を続けています。






現在運用中の「ひまわり7号」からこの「ひまわり8号」への移行は
来年2015年7月頃と予定されていますが、
具体的にはどのように変わるのか、詳しく見て行きましょう。


★ ひまわり8号はここが違う! ★

himawari89_overview.png

credit: 気象庁



〈世界最先端の観測能力を有する可視赤外放射計( AHI:Advanced Himawari Imager)〉

この可視赤外放射計が、アメリカや欧州にさきがけ、初めて搭載されたことから
国際的に注目されているのです。


〈バンド(波長帯)数の増加〉

ひまわり8号・9号に搭載されている可視赤外放射計は、
可視域3バンド、近赤外域3バンド、赤外域10バンドの計16バンドのセンサーを持っています(ひまわり6号・7号は可視1バンド、赤外4バンドの計5バンド)。
これによって、今までは白黒画像だったものが、カラー合成画像で見られるようになります。
はっきりくっきり、見たいものが詳細に映し出されるってことです。


〈観測時間短縮・高頻度観測開始〉

従来は約30分を要していた静止衛星から見える範囲(全球)の観測を
10分毎に行いながら、特定の領域(日本付近)を高頻度(2.5分毎)に観測することが可能となります。

これがどういうことかというと、ある領域で突然発生した雲が、
今までは30分間のいつ起こったものかわからなかったのが、
発生の瞬間や領域を、詳細に知ることができるようになるということです。
天気予報で見る気象衛星の画像が、これまではどことなくカクカク動いていたのが、
これからはスムーズに流れる一連の映像として見られるようになります。


〈水平分解能の倍増〉

さらに、水平分解能が従来に比べて2倍に向上させています。
例えば、ある市の同区内でも1km離れていれば天気が違うことがありますよね。
自動車に乗っていると、突然雨の領域に入ったり、その逆も。
今までは、◯◯市◯◯区の天気予報としか検索できなかったものが、
これからは◯◯市◯◯区◯◯町ぐらいまで調べることができるようになります。
これでゲリラ豪雨だって予測が可能になるんじゃないでしょうか。


96958A88889DE5E7E1E4E4E6E4E2E2E5E2EAE0E2E3E6E2E2E2E2E0E1-DSXBZO7485570028072014I00003-PN1-16.jpg

credit:気象庁



★ なんで2機打ち上げるのか? ★

schedule_himawari89_comm.jpg

credit:気象庁


ところで、ひまわり9号は平成28年 (2016年) に打ち上げ、
平成34年 (2022年) まで軌道上で待機する計画になっています。
基本同じ機体なんですが、なぜ立て続けに撃ち上げるのかな? と思うでしょ?

これにはいわゆるスペア的な意味があるんですね。
何らかのトラブルで運用中の機体が使えなくなった場合に、
スタンバイしてあるもう1機がさっと選手交代できるようにしてるんです。
2014年12月の時点でひまわり7号がお仕事中ですが、
これに何かあった場合のために、6号はお役目を終えた後も同じ軌道上で待機してる!
というわけです。
ひまわり8,9号はこれらの後継として、
これからバトンバッチを待つという状態なのです。

とにかく、2015年の夏を楽しみにしましょう。
日本の天気予報は、ガラッと変わること間違いなし! です。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました



スポンサーリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。