So-net無料ブログ作成
検索選択

皆既月食の撮影 [2015年4月4日皆既日食]

bluebelt.jpg


星空を撮影するのはむずかしいです。
それなりの機材がなければ、
肉眼で見たときの感動を捉えるのもむずかしい。

いや、それ以上に、肉眼では見えない星を写真に収めるなんて
技術もなければムリ。

でも、月はデカイですから
目で見た感動をそのまま、というのは難しくても、皆既月食の記録とか、
記憶に残すためのものってことなら十分スマホでも撮影できます


スマホで皆既月食を撮ってみよう


まず、スマホで撮るのがむずかしい理由は
露出やシャッター速度が自由に設定できないことです。

でも、これを逆手に取るのです。
露出やシャッター速度をうまく“誘導”して、
月の明るさに対応させれば良いのです。

たとえばiPhoneのiOS7の場合。

明るい場所を背景に画面を長押しして「AF/AEロック」すると、
あまり光を取り入れなくてもよい」モードをキープできます。

この状態で月に向けてシャッターを押すと、
明るくつぶれずに撮影できます。
高機能のカメラアプリを使うなどの方法もあります。

皆既月食を大きく写すには、
アダプタ付きの双眼鏡や専用レンズを使うといった方法がありますが、
露出をうまく調整できればサイズはそれほど気にならないかもしれません。

あとは手ブレ。
携帯用の三脚とかスタンドがあれば、問題は解決!

三脚は大げさ!っと思うなら、こういう普段使いができるものも流用できます。


【Gatto】 1番人気! ブラック ネオ ダブルクリップ スプリング強化ver くねくね 携帯 スマートフォン iPhone 4 4s 5 5s GALAXY Xperia クリップ式 フレキシブル アーム スタンド ! 360度回転 寝たまま 快適 自由自在に動かして好きな角度に調節可能 【寝ながら スマホ ケータイ で YouTube 見るのに オススメ !!】 寝落ち 自撮り 動画 音楽再生 料理 アイドル も 自撮り に 多用している!! 携帯電話 見ながら 寝る 時の 必需品 マストアイテム !! 好きな場所に 自由に固定 自在に 操作 !! 携帯ホルダー



デジタルカメラで皆既月食を撮ってみよう


コンパクトデジカメで撮影するときは、
ついオート設定でパシャッとやりがちです。

ここは、フラッシュ禁止にして夜景モード
マニュアルモードに設定しましょう。

マニュアルモードにしてシャッター速度を速く設定すると
月の明るさを抑えることができます。
皆既中の暗い月は、長めの露出で撮影します。

オートモードしかない機種の場合は、
手前に明るい風景、例えば街の明かりを入れて自動的に露出を短くすると、
きれいな皆既月食ショットが撮れるかもしれません。

望遠レンズや望遠鏡を取り付けて皆既月食を大きく写すなら、
デジタル一眼レフやミラーレスカメラを三脚に載せて撮りましょう。


機材がなくても何とかなる!


デジタルカメラ星景写真撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック (アスキームック)



とにかく、月や月食をきれいに撮影するコツは、
露出やシャッター速度などを調整して、取り入れる月の光の量を上手に抑えることです。

部分食の時は、どうしてもコントラストがむずかしいので明るくつぶれやすいのです。
あまり光を取り入れないように気をつけましょう。

反対に、皆既食の時は暗すぎてうまく写らないので、
たくさん光を取り入れるようにしてください。

それだけ気をつければ、スマホでもきれいな皆既月食の写真が撮影できるでしょう。
ぜひ挑戦してみてください。







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。



スポンサーリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。